スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ4

昨日3について書いたので、今日はDQシリーズで一番好きな4について書こうと思います☆

俺と同年代の男子諸君はかなりの割合でプレイしたことがあると思います。

各章での主人公が最終章で集う流れがたまらなく好きで今でも無性にプレイしたくなって引っ張り出すゲームです。

かの不思議なダンジョンでお馴染みのトルネコが出てきたゲームだし、鉄の金庫さえ取ってしまえば敵にやられてもお金が半分にならないのでお金が貯まるのが楽しくてやたら時間をかけて3章をプレイしてた気がします。

ファミコンバージョンの頃だとクリア後の裏ステージ的なものが普及してなかったので、PS版からだけど、裏面があってラスボスのピサロが仲間になったり。

たぶんキャラが好きなんでしょうね☆

ピサロが一番好きですが、ライアン、アリーナ、クリフト、トルネコも大好きやし、その各キャラがメインになってひとつのストーリーをクリアしていくからストーリー性に厚みが増してそれぞれのキャラへの思い入れも出てくるからなんどプレイしても飽きないです。

一章のライアンは戦士でなんしか戦闘力高いし。

二章のアリーナは武闘家で戦闘力高いうえにキラーピアスで二回攻撃できるし、クリフトは装備が充実してるうえに回復、補助系呪文使えるし、ブライはあんまり使わんかな、攻撃呪文のヒャドけいが得意だった記憶しかないな(;´Д`)

三章はトルネコで商人ねんけど半分遊び人みたいな感じだし、三章のストーリーにけっこう嫁のネネがでてきてほっこりするシーンが多かったかな 笑

四章は占い師で回復、補助系の呪文が使えるミネアと、踊り子で、メラ系の呪文が得意のマーニャの話でちょっと涙腺刺激されるシーンあるし。

まぁ、五章は皆が集まってラストへ向かうストーリーやね。

章毎に進めていくから進んでる感もあって中だるみとか進まないストレスも少ないから是非おすすめのゲームですよ♪

裏面もあるPS以降は特にオススメです♪

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

禿

Author:禿
拙者『紅番区』で四弦を持って立っている落武者です。
日頃某HCバンドで拙者に似た人を見たとの目撃情報がありましたが、別人じゃないかと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。